モルモット味のアイスクリームが爆誕、世界的な話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドン引きしそうになりますが、なかなか人気のようです。詳細は以下から。

モルモットはペットとして飼われる他、実験動物としても使われていますが、まさかのアイスクリームになってしまいました。

確かに日本でも肉アイスを提供するお店はありますが、鶏でも牛でも豚でもなく、よりによってモルモット味とはどういうことなのでしょうか。

モルモット味アイスクリームを発明し、販売しているのは南米エクアドルのMaría del Carmen Pilapañaさん。


南米のエクアドルやペルー、ボリビアなど、特にアンデス山脈の高地では古くから貴重なタンパク源としてモルモットが食用とされてきており、これらの国では現在も当たり前の食材のひとつとしてモルモットが食されています

Maríaさんは務めていた会社が倒産した後、飲食業を志してワークショップやフェアに熱心に参加していました。その中のひとつの「モルモットフェア」に参加した際、彼女はモルモット味のアイスクリームを作ろうと決心します。

Maríaさんはその時フルーツ味のアイスクリームを既に販売していましたが、知人からもっとユニークなものを出したらどうかと勧められ、これ以上にユニークなものはないはずと決心し、開発を行います。

Maríaさんは最初、モルモットジャーキーを砕いたものを使おうとしたものの、求めるような味にならず、ローストしたモルモットを試しますがこちらも失敗。

1ヶ月ほどの試行錯誤を行った末に、モルモットを2時間煮込んでスープを煮詰め、肉はミキサーに掛けてスープと混ぜ合わせてモルモットパテを作成。これを練り込んで製品化しました。


モルモットパテはパッションフルーツやナランジラなどの果物のピュレ、生クリームにコンデンスミルクと混ぜ合わされて一晩凍らせたらモルモット味のアイスクリームのできあがり。クラッシュしたピーナッツを振りかけて1つ1ドル、1リットル12ドルで販売されます。


これまではエクアドルの首都キト近郊のハイウェイ沿いのスタンドで週150個ほど販売していましたが、ネット上で大きな話題になり、ニュースでも扱われるようになってさらに多くの客が買い求めるようになってきました。


今後はカニ味や鶏味、豚味といった他の肉味アイスクリームもどんどん開発していきたいとMaríaさんは意欲を燃やしているとのこと。


酢豚やピザにパイナップルがアリというタイプの人はトライしてみてもよさそうです。

・関連記事
鶏の唐揚げとバニラアイスの究極のハーモニー、京都のからふね屋の定番「からあげパフェ」を体験してきました | BUZZAP!(バザップ!)

ねんがんのアイスソードを水とトイレットペーパーから自作する方法 | BUZZAP!(バザップ!)

「世界一怖いアイスクリームのCM」が完全にSF超大作 | BUZZAP!(バザップ!)

これは流行る?シックでクールな漆黒のソフトクリームが話題に | BUZZAP!(バザップ!)

舐めると暗闇で光りだす、クラゲのたんぱく質を使った超高級アイスクリーム | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

グルメに関連した楽天商品ランキング