焼け跡からの復興、第二次世界大戦後の日本の復興期を写し取った貴重なカラー写真

このエントリーをはてなブックマークに追加



モノクロ写真では見えなかった鮮やかなあの時代の人々と街と自然の色彩に驚かされます。詳細は以下から。

第二次世界大戦時代の写真の多くはモノクロのため、なかなかあの頃の世界の色彩には想像が及びません。

「火垂るの墓」や「はだしのゲン」「この世界の片隅に」などの優れた戦争アニメ作品は存在していますが、現実のカラー写真にはまた違った重みと匂いが感じられます。

Tom Smithさんは父親が連合国占領時代に撮影した戦後日本のカラー写真を多数掲載しています。1948年から1950年に撮影されたこれらの写真から、私たちは何を感じるでしょうか。

・東京


















・福岡「博多どんたく」






・日光東照宮






・日本人のポートレート





・農村の風景











・富士山


あの作品と地続きの風景が見えたでしょうか?

・関連記事
第二次世界大戦から10年、日本の第一次ベビーブーム子供たちが過ごした1950年代の日常風景 | BUZZAP!(バザップ!)

歌と音楽と物音と…90年前の京都と鎌倉の「音と風景」を切り取った動画が圧巻 | BUZZAP!(バザップ!)

今から100年前の日本、大正2年と4年の東京を撮影した貴重な4分間の映像 | BUZZAP!(バザップ!)

「現代の女子高生と同じ姿」と話題の1932年の少女たち、どの程度のレアケースだったのか? | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】外国人写真家が見た1908年(明治41年)の日本の街角の日常風景 | BUZZAP!(バザップ!)

1920年代、大正デモクラシーをきらびやかに彩った「モダン・ガール」たち | BUZZAP!(バザップ!)

1940年代後半、第二次世界大戦からの復興を果たしつつある東京の路上の貴重な動画 | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】「三丁目の夕日」の世界、1957年(昭和32年)の東京の路上と鉄道の風景 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング