縦型折りたたみスマホ「Motorola razr」の有機ELに生産問題、世界屈指のディスプレイメーカーすら苦戦する事態に



「Galaxy Fold」などと異なり、縦に折りたためることで話題を集めた折りたたみスマホ「Motorola razr」のディスプレイに生産上の問題が発生しています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Motorolaは「Motorola razr」の有機ELディスプレイ供給元を台湾AUOから中国のBOEおよびCSOTに変更したそうです。

これはAUOが発注されたパネルを満足に生産できなかったことを受けたもの。AUOは世界5位の液晶メーカーですが、有機ELパネルの生産にかけては韓国SamsungやLG電子どころか中国勢にも及ばない状況であることが見てとれます。

2019年版「Motorola razr」。6.2インチHD (2142×876p)有機ELディスプレイにSnapdragon 710、6GB RAM、128GB ROMを備えたモデルで、縦に折りたたむことでガラケーライクに利用できます。


閉じた時は背面ディスプレイを活用。見れば見るほどガラケー感があります……


有機ELディスプレイで先行する韓国メーカーに猛追する中国勢。日本や台湾勢がキャッチアップする余地は残されているのでしょうか。

・関連記事
ジャパンディスプレイ初の有機ELついに出荷開始、独自技術で高精細・低消費電力・長寿命化を実現 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに安価な「中国製有機EL」採用へ、Samsungの牙城崩れる | BUZZAP!(バザップ!)

高性能な次世代の「MicroLEDディスプレイ」を京セラが開発、液晶や有機ELを超える表示性能に | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

超軽量なのに高性能な「AQUOS zero2」レビュー、シャープ独自開発の4倍速有機ELディスプレイでゲームも快適 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  2. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  3. 「Xperia 10 IV」「Xperia Ace III」速攻レビュー、カメラ刷新や大容量バッテリー搭載でより使える1台に
  4. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に
  5. 【速報】iPlay 40対抗の「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリータブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング