真のスマホ本体半額「トクするサポート+」をソフトバンクが提供へ、プログラム利用料や新機種購入が不要に



ソフトバンクが真の「スマホ本体半額」を実現します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2020年3月中旬以降に発売する機種を対象に「トクするサポート+」を提供するそうです。

トクするサポート+は対象機種を48回払いで購入したあと25ヶ月目以降に指定機種へと機種変更し、旧機種の査定を完了した場合、残りの分割支払金や賦払金の支払い最大24回分が不要になるというもの。

プログラム利用料も不要となるため、スマホ本体が本当の意味で最大半額になります。

かつて「半額サポート」と銘打たれていた現行の「トクするサポート」。プログラム利用料が別途発生するため、実は半額ではありません。


また、今までは同じ携帯電話会社で新たに機種を購入する必要があり、それが長期の「縛り」につながるという批判がありましたが、トクするサポート+では機種を購入しないことも選択可能。

その場合、旧機種を回収した上でユーザーへポイントなどを還元する選択肢が新設されるとしています。

・関連記事
ソフトバンクが超高精度な「どこかなGPS」発売へ、子ども・高齢者の見守りやバイクなどの盗難防止も | BUZZAP!(バザップ!)

【学割比較】ドコモ、au、ソフトバンク、UQ mobile、ワイモバイルの2020年版「学割」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの空飛ぶ基地局こと「成層圏通信(HAPS)」がプラチナバンド対応か、圏外がなくなる可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが3Gサービス終了、2024年1月末で | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  2. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  3. 「Xperia 10 IV」「Xperia Ace III」速攻レビュー、カメラ刷新や大容量バッテリー搭載でより使える1台に
  4. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に
  5. 【速報】iPlay 40対抗の「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリータブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング