ドコモの「ギガホ」月間60GBに、追加料金なし&申し込み不要で全ユーザーが対象



完全データ定額のau、月間50GB+動画SNS放題のソフトバンクと比べて、見劣りする感のあったドコモの「ギガホ」がパワーアップします。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2020年1月1日から「ギガホ増量キャンペーン」の提供を開始するそうです。

同キャンペーンはギガホ契約者すべてのデータ通信量を月間30GB→60GBに引き上げるもの。料金はそのまま、申し込み手続きも不要です。

また、「みんなドコモ割(3回線以上)」「dカードお支払割」「ドコモ光セット割」を適用すると月額4980円になるほか、「ギガホ」を初めて契約するユーザーは「ギガホ割」が適用され、最大6ヶ月間、月額3980円に。

もちろんデータ通信量が60GBを超えてからも最大1Mbpsで通信できるため、ようやくauやソフトバンクにキャッチアップできそうです。

・関連記事
【学割比較】ドコモ、au、ソフトバンク、UQ mobile、ワイモバイルの2020年版「学割」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【解説】ついにドコモショップが有料化、サポート範囲明確化で高齢ユーザー排除か | BUZZAP!(バザップ!)

「解約」を選ぶと満員表示に、ドコモショップの来店予約制から垣間見えた闇 | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング