新型肺炎がファーウェイ直撃、世界2位となったスマホの急減速も



アメリカの圧力下でスマホ世界シェア2位を達成したHuaweiに新たな困難が立ちはだかりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、現在中国でのスマホ販売が落ち込み、在庫が積み上がりつつあることを業界関係者が明かしたそうです。

これは新型コロナウイルスへの対応で広範な交通規制と厳しい公衆衛生対策が導入され、国内での事業活動が困難になっていることを受けたもの。

とりわけ米中貿易摩擦の余波でGoogleの各種サービスを使えなくなったHuaweiが影響を受けるとみられており、急激な落ち込みが予想されています。

なお、世界市場におけるHuaweiスマホの販売台数は2019年後半から減速しており、2019年第4四半期のグローバルでの出荷台数は前年同期比7%減となる5600万台に。

そんな逆風吹き荒れる中でも中国では人気が高く、2019年下半期には前年比50%近い伸びとなる約7500万台のスマホを出荷。なんと市場シェアの40%を占めるほどの成長を見せています。

つまりHuaweiが世界シェア2位に輝いた背景には中国での旺盛な需要があるわけですが、2020年第1四半期は中国での出荷台数が500万~800万台減少しているとのこと。Oppo、Xiaomi、Vivoなども影響を受ける可能性があると関係者はコメントしています。

一方シェア3位に陥落したAppleはiPhone 11が好調な販売を見せており、2019年第4四半期に約7200万台のiPhoneを出荷。2020年第1四半期も5500万~6000万台の出荷を維持するとの予想。

シェア1位のSamsungはベトナムの生産拠点や廉価モデル「Aシリーズ」の好調な販売、新しいフラッグシップおよび折り畳みモデルを活用することで、2020年第1四半期に最高の結果を出す見通しとなっています。

・関連記事
ファーウェイ製5G機器導入をイギリスが決定、コスト面で排除が困難に | BUZZAP!(バザップ!)

韓国で部品・素材の「脱日本(ジャパンフリー)」加速へ、国内メーカーのファーウェイ依存が進む可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  2. 【速報】「Redmi Note 11 Pro 5G」3万円台前半にいきなり値下げ、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ
  3. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  5. AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か

モバイルに関連した楽天商品ランキング