ソフトバンクが5Gスマホ4機種「OPPO Reno3 5G」「V60 ThinQ 5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」「AQUOS R5G」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクが初の5G対応スマホとなる「AQUOS R5G」(シャープ製)、「ZTE Axon 10 Pro 5G」(ZTE製)、「LG V60 ThinQ 5G」(LGエレクトロニクス製)、「OPPO Reno3 5G」(OPPO製)の4機種を3月27日以降順次発売すると発表しました。

これらの発売はソフトバンクの5Gサービス「SoftBank 5G」が2020年3月27日に開始されるのにあわせたもので、いずれも同日開始のプラン「トクするサポート+」の対象機種となっています。

・AQUOS R5G(シャープ)
「AQUOS」史上最大となる約6.5インチクアッドHD+(3168×1440)の「Pro IGZOディスプレー」を搭載。最新チップセット「SDM865」を搭載し、12GB RAM/>256GB ROMを備えています。

リアカメラには超高精細な8Kでの撮影が可能な4800万画素のワイドカメラ、1220万画素の標準カメラ、1220万画素の光学2倍ズームの望遠カメラ、動画の背景にぼかしを入れことができるカメラの4つを採用。3月27日発売予定(3月6日予約受け付け開始)。

(アースブルー)

(ブラックレイ、オーロラホワイト)

・ZTE Axon 10 Pro 5G(ZTE)
画面占有率約92%となる6.4インチフルHD+(2340×1080)の有機ELディスプレーを搭載。最新チップセット「SDM865」に6GB RAM/>128GB ROMを備えています。

リアカメラには4800万画素+2000万画素+800万画素の3つのカメラを採用し、撮影モードもAIが自動選択。また2000万画素のフロントカメラは「美肌機能」に対応しており自撮りにも最適です。3月27日発売予定(3月6日予約受け付け開始)。

(ブルー)

・LG V60 ThinQ 5G(LGエレクトロニクス)
ディスプレーを搭載した専用ケース「LGデュアルスクリーン」装着で、2画面での操作が可能となる画期的なモデル。6.8インチフルHD+(2460×1080)の有機ELディスプレーを搭載。最新チップセット「SDM865」に8GB RAM/128GB ROMを備えています。

リアカメラには8K動画が撮影可能な6400万画素カメラを筆頭に3つのカメラを搭載。また本体にマイクを4つ搭載しているため、臨場感と奥行きのある音声の動画を撮影することも可能です。4月下旬以降発売予定。


(クラッシーブルー)

・OPPO Reno3 5G(OPPO)
画面占有率約93.4%となる6.55インチフルHD+(2400×1080)有機ELディスプレーを搭載。
チップセット「SDM765G」に8GB RAM/128GB ROMを備えており、おサイフケータイにも対応です。

リアカメラには4800万画素+約1300万画素+約800万画素+約200万画素の4つのカメラを搭載。光学手ブレ補正機能や被写体をAIが認識して美白や細身エフェクトを施す「AIビューティー」機能にも対応しています。7月下旬以降発売予定。

(ミスティ ホワイト)

・関連記事
【速報】シャープ初の8K対応5Gスマホ「AQUOS R5G」速攻レビュー、下り最大4Gbpsの爆速モバイルルーターも | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】ソフトバンク5Gは4Gと同じ料金で利用可能、エリアは東名阪のごく一部から | BUZZAP!(バザップ!)

【リアルタイム更新中】ソフトバンクが5Gを2020年3月27日開始、対応スマホは4機種に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク新プラン「メリハリプラン」発表、使わなかった月に自動割引も大半のユーザーが値上がりする罠 | BUZZAP!(バザップ!)

真のスマホ本体半額「トクするサポート+」をソフトバンクが提供へ、プログラム利用料や新機種購入が不要に | BUZZAP!(バザップ!)

電気代が3ヶ月無料の「ソフトバンク おうちでんき割」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング