ファーウェイやZTEが5Gで一人勝ちへ、新型コロナのパニックを尻目に勢力拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナウイルスの流行で世界中がパニックになる中、中国が次世代高速通信網の整備でリードし続けているようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、コロナウイルスが流行している中でも中国で5Gインフラ構築が勢いを失っていないそうです。

中国の携帯キャリアは5G関連機器の調達を強化しており、HuaweiおよびZTEが積極的に落札しているとのこと。

なお、Huaweiはイギリスやフランスなどの主要先進国でも条件付きとはいえ5Gインフラ参入が認められており、技術とコストでアメリカの包囲網を覆す事態となっています。

ちなみに以前Buzzap!でお伝えしたように、5Gスマホの出荷台数は落ち込んでおり、スマホメーカー各社はビジネスモデルの転換を検討せざるを得ない状況に。

そのためHuaweiやZTEはスマホでなく基地局インフラで収益確保を目指しているとみられるほか、中国ではコロナウイルスで落ち込んだ経済への対策として「格安5Gスマホ」の開発が進められています。

・関連記事
「格安5Gスマホ」が中国で新型コロナ経済対策の一環に、Sub-6採用でアメリカのミリ波を大きくリードか | BUZZAP!(バザップ!)

「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにドコモが5Gで「独自のサービス名」を捨てる | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイ製5Gネットワーク、フランスでも「排除しない」と明言される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング