「格安4Kテレビ」再び2万円台に値下がり、新型コロナでオリンピック需要が爆散

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年末に2万円台のモデルがなくなり、値上がりトレンドとなっていた格安4Kテレビが再び値下がりしました。詳細は以下から。

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2020年6月12日現在、同サイトで最も安価な4Kテレビ「アグレクション superbe SU-TV4304K」が2万9980円で販売されています。

価格.com - アグレクション superbe SU-TV4304K [43インチ] 価格比較


価格変動グラフ。一時期3万円を超えていたものの、再び3万円を割り込んでいます。


生産調整やオリンピックの影響でテレビ向け液晶パネルが高騰すると考えられ、2020年第1四半期に一気に20%値上がりするという観測まで飛び出していた液晶テレビ。

オリンピックが今年開催されなくなったことで価格が伸び悩み、買い時が訪れた格好となっています。

・関連記事
超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」2万円台に再び大幅値下がり、脅威の手ぶれ補正で今なお大人気 | BUZZAP!(バザップ!)

【大人気】Ryzen採用で3万円台の格安ゲーミングパソコン「TBook mn25」、上位モデルすら大幅値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

格安すぎるスマホ「ZenFone Max (M1)」またしても7000円台に値下がり、このお値段で驚きの実用性 | BUZZAP!(バザップ!)

超高性能な格安5Gスマホ「Xiaomi POCO F2 Pro」値下がり、Snapdragon 865や6400万画素4眼カメラ搭載で競合の半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

1万円の超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」が大人気、本格カメラと大容量バッテリー搭載のSIMフリーモデル | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  3. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング