災害時に上空からエリア化できる「ヘリコプター基地局」などでKDDIが電波功績賞を受賞、被災者の位置も推定可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



電波の有効利用に関する研究開発において画期的かつ具体的な成果をあげた、あるいは電波を有効利用した新しい電波利用システムの実用化に貢献した個人・団体に対して授与される「電波功績賞」をKDDIが受賞しました。詳細は以下から。

KDDIとKDDI総合研究所のプレスリリースによると、両社は一般社団法人電波産業会(以下 ARIB)主催の「第31回(2020年度)電波功績賞電波産業会会長表彰」を受賞したそうです。

受賞されたのは「ヘリコプター・ドローン搭載型モバイルシステムの開発」という項目で、以下の理由が挙げられています。

災害時における携帯電話サービスの臨時通信可能エリアの形成や救助活動の支援のために、ドローンやヘリコプターに搭載可能な小型モバイルシステムを開発し、それぞれに搭載した場合の通信可能エリアを確認すると共に、エリア内における地上携帯電話数の計数・位置推定手段を確立し、自治体と連携した山岳遭難救助訓練により捜索時間の大幅短縮の可能性を確認するなど、電波の有効利用に大きく貢献した。

なお、昨年KDDIが「ヘリコプター基地局」で実証実験を行った様子はこんな感じ。


「ヘリコプターに小型・軽量化した携帯電話基地局を載せて上空から電波を発射し、圏外でもエリア化する」というアプローチで、陸上や海上から携帯電話サービスの提供が困難な災害時においても活躍できるというもの。


これが総重量約7kgまで小型・軽量化した携帯電話基地局。単独で携帯電話のエリアを構成し、通話、SMSの提供、携帯電話の位置 (GPS) 情報を取得できます。


エリア化できる範囲は約1.6~2.0km。携帯電話の位置推定機能によって、緊急時に被災者や遭難者のだいたいの位置を把握できてしまいます。


なお、KDDIはNTTドコモ、ソフトバンクなどと共同で5Gの開発、700MHz帯共用促進においても受賞。プラチナバンドにあたる700MHz帯で携帯各社は3万8000局の基地局を整備しています。

・関連記事
【速報】au限定の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G」速攻レビュー、100倍ズームに対応した1億画素カメラの実力は? | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI「新商品に関する説明会」まとめ、エンタメ配信を楽しみ放題でデータも使い放題の「データMAX5G ALLSTARパック」が6月25日スタート | BUZZAP!(バザップ!)

au版「Xperia 1」機種変更一括1万円で投げ売り中、ハイエンドモデルが格安も在庫はわずか | BUZZAP!(バザップ!)

auが月額2780円からのデータ使い放題プラン「データMAX 4G LTE Netflixパック」発表、使わない月の割引や月間60GBのテザリングでドコモやソフバンに完全対抗 | BUZZAP!(バザップ!)

auが5G基地局仮想化でコスト削減へ、汎用ハードウェアで超高速・多数同時接続・低遅延など多機能化 | BUZZAP!(バザップ!)

ほっこりかわいい「auサポーとり エナ」誕生、シマエナガがモチーフでリスモやauシカに続く新公式キャラクターに | BUZZAP!(バザップ!)

auついに「Pontaポイント」に統合、還元率アップの生活応援企画や「au PAYマーケット(旧au Wowma!)」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  4. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング