【追記あり】ラーメンズの小林賢太郎が芸能界引退

このエントリーをはてなブックマークに追加



あのラーメンズの小林賢太郎が芸能界引退です。詳細は以下から。

お笑いユニット・ラーメンズのひとりとして知られ、演出家としても活動してきた小林賢太郎さんが2020年11月16日に芸能活動から引退したことを、所属するトゥインクル・コーポレーションが明らかにしました。

ラーメンズと言えばネット文化初期から「日本語学校」などのネタがMAD化されており、この辺りから触れたという世代も多かったのではないでしょうか。

トゥインクル・コーポレーションはお知らせの中で、昨年には本人から2020年末で引退したい旨の相談を受けていた旨を明らかにしています。

本来は「カジャラ第5回公演」が最後の舞台の予定だったものの、新型コロナの影響で中止に。結果的に「うるう」が最後の舞台となりました。

なお、小林さんは表舞台からは引退するものの「執筆活動などの裏方仕事で皆様と御一緒させて頂きます」としています。

ラーメンズの相方でもある片桐仁も賢太郎は今後も創作活動は続けるそうです。いろいろ新しいことを考えているようなので、楽しみにしていてください今後も何らかの形で彼の創作に触れることはできそうです。

【15:30追記】
小林さんは自身のサイト(現在繋がりにくい状態です)に肩書きから「パフォーマー」をはずしました。との文章を掲載。


その中で引退の理由を以下のように語っています。

実は足が悪くてですね、ちゃんと手術もして日常生活に支障はないのですが、身体を限界まで追い込むステージパフォーマンスとなると無理が出てきていました。ハードルを下げるくらいなら、やらない方がいい。なんて、それらしいことを言ってますけど、理由はこれだけではなくて、様々な経緯をふまえ自分で判断したことです。

加えて今後の活動については以下のように述べています。

環境はシンプルに。創作の世界は無限に。そんな気持ちで今日もまた鉛筆を握ります。目の前には真っ白な原稿用紙、真っ白なキャンバス、真っ白なスケジュール帳。なんか視界が広いですよ。

これまでとはまた別の形で、創作者・小林賢太郎の作品を楽しむことができそうなのは明るいニュースと言えるでしょうか。

・関連記事
ピコ太郎の新曲「Everyone must die」が宗教音楽EDM過ぎて外国人ファンらが困惑 | Buzzap!

一般人の『ほんこんおもんない』に激怒、お笑い芸人・ほんこん氏が法的措置へ | Buzzap!

ダニエル・ラドクリフがイカれた二丁拳銃姿でデスゲームに放り込まれる映画「ガンズ・アキンボ」2021年2月日本公開が決定 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング