「赤い惑星の青い砂丘」画像をNASAが公開、火星探査機が北極付近で発見

このエントリーをはてなブックマークに追加



なんともロマンチックな名前の火星の画像をNASAが公開しました。

ここに映っているのはいったいどのような風景なのでしょうか。詳細は以下から。

NASAがこの度公開したのは、火星探査機が撮影した「赤い惑星の青い砂丘(Blue Dunes on the Red Planet)」という画像。青い海の上を金色のさざ波が渡っているような、なんとも幻想的な風景です。


この砂漠の光景は火星の北極付近のもので、テキサス州ほどの広さということから日本の2倍程度の大きさ。

もちろん火星に青い海は存在せず、この色はNASAが温度別に着色したもの。青い部分は低温で、金色の砂丘の部分は太陽に照らされて比較的高温になっています。

この画像は2001年に打ち上げられた火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」の20周年を記念したもので、画像はおよそ30kmの広さを写しています。

・関連記事
火星で「虹」が撮影される | Buzzap!

NASAの探査車「パーシビアランス」が到達した火星はどんな場所?超美麗な4K画像でその息を呑む風景を捉えた動画「Mars In 4K」 | Buzzap!

火星の地下1~2mに最大100mに及ぶ氷の層が発見される、火星探査の大きな後押しに | Buzzap!

キノコと苔類が火星と同じ環境下で18ヶ月生存、テラフォーミングにも可能性? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング