「ファスト映画」で全国初の逮捕者、長辺映画を10分のYouTube動画で無断紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日話題となったファスト映画で初の逮捕者が出ました。詳細は以下から。

映画の内容を10分ほどに編集し、あらすじを字幕やナレーションで説明する「ファスト映画」。6月20日にNHKが報じたことで大きく知れ渡るようになりました。

去年春ごろからYouTubeへの投稿が増えてこの1年で950億円余りの被害が確認され、著作権を持つ映画会社などの団体が調査を開始したという報道でしたが、さっそく逮捕者が出ました。

NHKによると逮捕されたのは札幌市の高瀬拳也容疑者ら男女3人で、著作権法違反容疑とのこと。

映画会社側がYouTubeの本社のある米裁判所に投稿者の情報開示を行い、捜査を進めていた宮城県警に被害を相談した結果、今回の逮捕に至りました。

ファスト映画が増え始めたのはちょうど最初の緊急事態宣言の頃で巣ごもり需要が高まり始めたタイミング。実際の視聴者が増えるようなファンサイト的動画ならまだしも、大きく一線を超えてしまったようです。

なお、こうした動画を掲載して収益化させたYouTube側の責任も問題になってくる可能性もありそうですが…。

・関連記事
1万円台のフルHDプロジェクター「Xiaomi Wanbo T2MAX」レビュー、片手サイズで家じゅうどこでも映画館に | Buzzap!

8000体のだるまと往年の映画スターが祀られる京都の「だるま寺」を訪れました | Buzzap!

アマプラの映画やアニメをみんなで楽しめる、Twitchの「ウォッチパーティ」機能が日本上陸 | Buzzap!

あの感動がよみがえる、名作映画のスローモーションを詰め込んだ動画「Slow Motion in Movies」 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング