「最短30分で宅配」セブンイレブンがアマゾン、楽天、ヤフー対抗のネット通販を全国2万1000店の大半で提供へ



セブンイレブンが全国に張り巡らせた店舗網を配送サービスに利用します。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、セブン&アイ・ホールディングスは国内に展開したコンビニエンスストア網を駆使した通販サービスを2026年2月期をメドに導入するそうです。

想定しているサービスは店舗で扱う食品や日用品など約3000品目をサイトやアプリで注文すると、最短30分で宅配されるというもの。

別途330円の配送料が発生するものの、税抜1000円以上の注文から利用でき、23時到着分まで受け付けるとのこと。宅配範囲は店舗から半径500メートル程度を想定していますが、需要次第では拡大される可能性もあるとされています。

先行するAmazonや楽天を追う形で、Yahoo!JAPANがヤマトと提携し全商品の全国翌日配送を目指すなど、生き馬の目を抜く争いが繰り広げられているネット通販市場。

「飲食物や日用品など、ちょっとしたアイテムを家から出ずとも買えてすぐ届く」というのは少なからずニーズがあるとみられます。

もしコンビニ各社がこぞって同様のサービスを展開した場合、配送の担い手が問題となってきますが、いずれは各社のロゴが入った小型の自動運転車などが街中を行き交うこととなるのでしょうか。

・関連記事
ヤフーがヤマトと提携し全商品の全国翌日配送へ、アマゾン、楽天とガチバトルに | Buzzap!

「コンビニ時短営業は利益が減る」セブンの主張がファミマの実験で崩壊してしまう | Buzzap!

7pay(セブンペイ)緊急会見、「そもそも二段階認証を知らない」ヤバさが露見してしまう | Buzzap!

「恵方巻は客に声掛けしまくって売り尽くす」セブンイレブンのフードロス対策が押し売り過ぎる | Buzzap!

【注意喚起】「セブンイレブンの日」用無料クーポンアプリ、要求権限が「ツイッターアカウント乗っ取り」レベル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ウェブサービスに関連した楽天商品ランキング