「一括1円Galaxy」登場か、初の超低価格5Gスマホ「Galaxy A13」をSamsungが投入へ



主力スマホ最新機種「Galaxy S21」の壊滅的な売り上げ減に苦しむSamsungが、超低価格な5Gスマホで巻き返しを図るつもりであることが明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、「Galaxy A52」「Galaxy A22」といったミドルレンジスマホに注力しているSamsungが初のエントリーモデルにあたる5Gスマホを発売するそうです。

これは「Galaxy A13(SM-A136B)」と呼ばれるモデルで、昨年発売された「Galaxy A12」をベースに5Gに対応させたものとなる見込みです。

こちらがそのGalaxy A12。6.5インチHD+液晶に3~6GB RAM/32~128GB ROM、4800万画素メイン/500万画素超広角/200万画素マクロ/200万画素深度センサーの4眼カメラや5000mAhの大容量バッテリーを備え、エントリーモデルながら実用性を強く意識しています。


また、Galaxy A13はちょっとしたゲームも楽しめるMediaTekのプロセッサ「Dimensity 700」を採用する見通し。Galaxy A12は格安販売されている「Xperia Ace II」と同じHelio P35採用でしたが、大きくレスポンスが改善するとみられます。

ちなみに気になる本体価格は236ドル(約2万6000円)未満となる予定。

あくまで可能性でしかありませんが、日本で発売された場合はソフトバンクの「Xiaomi Redmi Note 9T」同様、MNPユーザーなどを対象に「一括1円で販売される5G対応の格安Galaxy」となるかもしれません。

・関連記事
AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」発売記念でいきなり3万円台前半に、立体音響、爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ | Buzzap!

超高性能スマホが半額になる「Dimensity 2000」まもなく登場へ、Snapdragon 898完全対抗でクアルコムの牙城崩壊か | Buzzap!

「Galaxy S21 FE」発売へ、記録的な販売不振に悩むSamsungが廉価版フラッグシップ投入 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング