ソフトバンクの「povo 2.0」対抗プラン、『必要があれば検討』へ



「povo 2.0」対抗プランは出るのか、ソフトバンクが回答しました。詳細は以下から。

ソフトバンク新サービス発表会の質疑応答において、ソフトバンク株式会社代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 榛葉 淳氏はpovo2.0対抗プランについて以下のように述べています。

色々なお客様の選択肢が増えると言うことは競争の観点から素晴らしいと思いますし、我々も色々な観点から検討を進めているところ。LINEMOも3GBプランを出したり、ワイモバイルもくりこしを打ち出した。

今一度ソフトバンクブランドを魅力的に……ということで今日はフォーカスをさせていただきました。

必要とあれば色々と考えていきたい。基本的には5G時代のデータ利用量は増えていく。データ容量を気にすることなく使って頂きたいということは優先的に考えていきたい。必要があれば検討していく。

・関連記事
【速報】ソフトバンクが5G対応Airや「Youtube Premium」無料発表、5G基地局は20000局に拡大で「Pixel 6 Pro」やバルミューダスマホ独占販売も | Buzzap!

ソフトバンクが月額900円の「データ通信専用3GBプラン」発表、3ヶ月無料も忘れた頃に値上がり | Buzzap!

ワイモバイルが「データくりこし」提供でデータ増量オプションも強化、UQ mobileとの違いを比べてみた | Buzzap!

ソフトバンクが格安プラン「LINEMO(ラインモ)」契約で12000円キャッシュバック中 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング