ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も



「povo 2.0」をお披露目したauに続いて、ソフトバンクも新サービスを発表しました。詳細は以下から。

スマホ累計契約数が順調に伸びを見せるソフトバンク。


ワイモバイルの契約数が初めて明かされ、700万契約を突破したことが明らかに。ただしこの数字は母体となったウィルコムとイー・モバイルの2011年時点での契約数を合算した数よりも少なくなっています。


3GB 900円のミニプランをリリースしたLINEMO。


5Gエリアはじわじわと広がっています。


4G、5Gを行き来することで「パケ止まり」が起きているのが今の課題



ソフトバンクは上り速度を重視しています。



人口カバー率は2022年春に90%を達成する見通し。



「Pixel 6 Pro」がソフトバンク独占販売になります。



バルミューダスマホも独占販売に。



「メリハリ無制限」契約でYoutube Premiumが6ヶ月完全無料に。7ヶ月目以降も25~43%オフになります。




5G対応のSoftbank Airもリリースされます。








あの「SUPER FRIDAY」が復活し「スーパーPayPayクーポン」に。











なお、気になる「povo 2.0」対抗プランは『必要があれば検討』との回答。今回はあくまでソフトバンクに注力した発表会のようです。

・関連記事
【速報】ソフトバンクの「povo 2.0」対抗プラン、『必要があれば検討』へ | Buzzap!

ソフトバンクが月額900円の「データ通信専用3GBプラン」発表、3ヶ月無料も忘れた頃に値上がり | Buzzap!

ワイモバイルが「データくりこし」提供でデータ増量オプションも強化、UQ mobileとの違いを比べてみた | Buzzap!

ソフトバンクが格安プラン「LINEMO(ラインモ)」契約で12000円キャッシュバック中 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング