『ゲーミング格安スマホ』を実現する「Snapdragon 695G」登場か、シェア巻き返しの切り札に



スマホにお金はかけたくない、でもゲームはしたい。

そんな相反するニーズを満たしてくれるプロセッサをクアルコムがリリースするかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、クアルコムは現在「SM6375」と呼ばれる低価格スマホ向け5Gプロセッサを開発しているそうです。

SM6375は処理能力が異なる3モデル展開で、処理能力の高いコア(2.2GHz/2.3GHz/2.5GHz)4つと消費電力の低い省エネコア(2.0GHz/2.1GHz/2.2GHz)4つで構成。モデルに応じてGPUも800MHz、940MHz、960MHzと処理能力が異なるとされています。

また、「格安ゲーミングスマホ」を実現するため、144Hzのぬるぬる表示にも対応する見通し。

最終的に「Snapdragon 695」としてリリースされるほか、ゲーミングスマホ向けの上位モデルは「Snapdragon 695G」となる可能性が示唆されています。

高性能・低価格な「Dimentsity」シリーズで猛攻をかけるMediaTekに追いやられているクアルコム。

ちょっとしたゲームであればガンガンプレイできる格安ゲーミングスマホを実現することで、シェア逆転を狙うようです。

・関連記事
【速報】10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向け液冷機構も | Buzzap!

「Snapdragon 898」はSamsung製で「Snapdragon 898 Plus」はTSMC製か、アチアチと引き換えに処理能力向上 | Buzzap!

「Snapdragon」でおなじみのクアルコムが王座陥落へ、MediaTekに首位を明け渡す可能性 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】ついにXiaomi「POCO X3 GT」3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング