「SoftBank Air」5G対応に、基地局数まもなく2万局突破



ドコモの「home 5G」対抗をソフトバンクがいよいよスタートさせます。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は10月に下り最大2.1Gbpsの「Airターミナル5G」を発売するのに合わせ、9月15日から新プラン「Air 4G/5G共通プラン」の受付を開始するそうです。

Air 4G/5G共通プランはデータ容量の制限と総量規制がない上、月額料金(4880円)そのままで利用可能そのままで契約期間も契約解除料も不要になるというもの。

さらに「Air 4G/5G 共通プラン限定!SoftBank Air とおうちのでんわでずーっと割引」「でんわまとめて割」によって、固定電話の電話番号と電話機をそのまま使えて電話料金が安くなる「おうちのでんわ」基本料金が2021年12月から実質無料になります。

また、5Gエリアも順調に拡大しており、2021年10月末までに2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定。2022年春までに人口カバー率を90%にすることを目標に、サービスエリアの拡大を推進するとしています。

・関連記事
【速報】ソフトバンクが5G対応Airや「Youtube Premium」無料発表、5G基地局は20000局に拡大で「Pixel 6 Pro」やバルミューダスマホ独占販売も | Buzzap!

【速報】ソフトバンクの「povo 2.0」対抗プラン、『必要があれば検討』へ | Buzzap!

ソフトバンクが月額900円の「データ通信専用3GBプラン」発表、3ヶ月無料も忘れた頃に値上がり | Buzzap!

ワイモバイルが「データくりこし」提供でデータ増量オプションも強化、UQ mobileとの違いを比べてみた | Buzzap!

ソフトバンクが格安プラン「LINEMO(ラインモ)」契約で12000円キャッシュバック中 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  3. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 【追記】「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」登場、シャープが2022年秋冬モデルの最新スマホを発表
  5. auが月額900円で5GBと通話定額付きの「スマホスタートプラン」開始、Prime Student無料で1年経過後も割安な若者向け格安プランに

モバイルに関連した楽天商品ランキング