Galaxy S22は「コンパクトな薄型スマホ」に、iPhone 13 Proと同じ画面サイズで本体さらに小型化



小型スマホが欲しいユーザーに刺さる1台となりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Samsungの新型スマホ「Galaxy S22」に120Hz表示が可能な6.06インチの有機ELディスプレイを採用するそうです。これはiPhone 13 Proと同じサイズですが、特筆すべきがその本体の小ささ。

なんと周囲のフレームを極限まで薄くする狭額縁化によって、iPhone 13 Proと同じ画面サイズでより小さいボディを実現するとのこと。

また、薄さを実現するためにバッテリー容量を4000mAhから3700mAhに減らす見通し。22Wの急速充電をサポートするほか、5000万画素メイン、1200万画素超広角、1200万画素望遠カメラを備えるとされています。

手の中に収まるサイズで「ほぼ全部画面」のスマホとなるGalaxy S22。

Galaxy S21シリーズが致命的な販売不振に陥る中、「コンパクトなスマホが欲しい」というニーズを積極的に獲得していくようです。

・関連記事
世界初「2億画素(20000万画素)カメラのスマホ」を実現する「ISOCELL HP1」をSamsungが開発、4Kテレビ24台分の画素数に | Buzzap!

「一括1円Galaxy」登場か、初の超低価格5Gスマホ「Galaxy A13」をSamsungが投入へ | Buzzap!

【悲報】Samsungの「Galaxy S21」驚異的な販売不振、過去8年で最低最悪の売り上げに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング