AMDがスマホ向けプロセッサ参入か、MediaTekと提携で「安価な本格ゲーミングスマホ」に期待も



パソコン市場でIntelとの逆転劇を見せつけ、「PS5」「Xbox Series X」に採用されるなどゲーミング市場でも地位を確固たるものにしつつあるAMDがスマホ市場に本格参入を果たすかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AMDがスマートフォン向けプロセッサ市場への参入を検討しているという情報が流れているそうです。

これはクアルコムの「Snapdragon」シリーズのようなプロセッサをAMDが独自に開発するのではなく、4G/5Gスマホ向けプロセッサで頭角を現しているMediaTekとの協業を視野に入れたもの。

すでにAMDは今年、Samsungのスマホ向けプロセッサ「Exynos」シリーズに自社のRDNA2アーキテクチャが採用されることを発表しており、MediaTekとの協業が実現すればスマホ市場で一層存在感を発揮することとなります。

コンシューマーゲーム機で採用されたアーキテクチャを取り入れることで、ゲーマーに最適化されたモバイル向けプロセッサが生まれる可能性もある今回の話。

コストパフォーマンスに優れたプロセッサを手がけるMediaTekと組めば「お手ごろ価格の本格ゲーミングスマホ」も夢ではないため、続報が待たれます。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

超高性能スマホが半額になる「Dimensity 2000」まもなく登場へ、Snapdragon 898完全対抗でクアルコムの牙城崩壊か | Buzzap!

Snapdragon 898は3.0GHz駆動で発熱と消費電力が問題に、グラフィック性能もApple A15やExynos 2200に遅れ | Buzzap!

『ゲーミング格安スマホ』を実現する「Snapdragon 695G」登場か、シェア巻き返しの切り札に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気の格安タブレット「Xiaomi Pad 5」大幅値下げ、新型CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用でゲームもガンガン遊べます
  2. 1万円の新型タブレット「BMAX MaxPad I9 Plus」値下げ再び、大画面にステレオスピーカー搭載で動画視聴も快適
  3. 大容量8GBメモリの格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円台に、十分な性能と高画質カメラでゲームやナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」第2世代Tensorはゲーマー向けに進化か、ただしCPUやカメラはほぼ変化なし
  5. 「スマホの店頭即時修理」ドコモショップで開始、60分で修理できてデータ移行不要、しかもバッテリー交換も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング