基本料0円のau新プラン「povo 2.0」9月29日開始、「スマホ故障サポート」も



auの新プラン「povo 2.0」がいよいよスタートすることになりました。

「データは使わないから5分通話定額だけ」「普段在宅ワークだから外出る時だけデータが欲しい」「大容量データを安く使いたい」「旅行の時だけ完全データ定額」など、ライフスタイルに応じた使い方ができる上、普段使う店で買い物するだけでデータ容量をもらえたりします。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2021年9月29日(水)9:00から新プラン「povo 2.0」をスタートさせるそうです。

「povo2.0」は、月額基本料0円(最大128kbpsのデータ通信付き)のベースプランに通話かけ放題などの「通話トッピング」や6種類の「データトッピング」、「DAZN」や「smash.」が一定期間データも含めて使い放題になる「コンテンツトッピング」などを自由に選べるプラン。


驚くべきが「データトッピング」。トッピングごとに容量と有効期間が異なり、1GBであれば7日間有効で355円(税抜)。60GBなら90日間有効のため実質20GBを1967円で使えるほか、24時間データ使い放題は300円。トッピングを契約せずとも最大128kbpsが使い放題です。


5分以内通話かけ放題は月額500円、通話かけ放題は月額1500円。事前にエントリーして対象のデータトッピングを購入すると、最初に購入した容量に応じて最大20GBがプレゼントされる「povo2.0デビューキャンペーン」も実施されます。


新たに「スマホ故障サポート(月額755円)」の提供も決定。登録したスマホ(日本国内で販売されているpovo 2.0対応端末)が故障、破損、水濡れした場合に当日ないし翌日に交換用端末が届くサービスで、交換費用はiPhoneが税込1万2900円、Androidは1回目が税込5500円/2回目は税込8800円です。


コンビニや飲食店など、日常生活で利用するさまざまな店舗やサービスの利用でデータが貯まる「#ギガ活」も開始されるpovo 2.0。ローソンやすき家、丸亀製麺などの有名店舗が対象となっています。


なお、基本料0円ではあるものの「最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合があります。また別途所定の手数料等の費用がかかる場合あります」と案内されている点に注意が必要。

しかし「通話定額のみ」「データ使い放題のみ」と完全に自分のライフスタイルに用途を合わせた使い方ができるなど、非常に革新的なプランであることは間違いなく、2台目需要などもカバーできてしまいます。

・関連記事
「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた | Buzzap!

【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた | Buzzap!

iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に | Buzzap!

auが基本料0円の新プラン「povo 2.0」発表、128kbpsが無料&20GBは1967円に値下げ、データがもらえる「#ギガ活」も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング