「一括1円Galaxy」も夢じゃない「Galaxy A13」登場へ、5000万画素カメラや大容量バッテリー採用で初の超格安5Gスマホに



主力スマホ最新機種「Galaxy S21」の壊滅的な売り上げ減に苦しむSamsungが、同社初となる超低価格な5Gスマホで巻き返しを図る可能性があることを以前Buzzap!でお伝えしましたが、かなり現実味を帯びてきました。詳細は以下から。

これがベンチマークアプリ「Geekbench」によって明らかになった「Galaxy A13」の詳細。MediaTekの5G対応プロセッサ「Dimensity 700」や4GBメモリを備えており、超低価格モデルでありながら海外版から大きく劣化したドコモ版「Galaxy A22」と並ぶ性能となるようです。


さらに夜景撮影も楽しめる「ISOCELL JN1」採用の5000万画素メインカメラや5000mAhの大容量バッテリーを搭載するなど、かなり意欲的なモデルとなる見込み。トータルで見るとドコモ版「Galaxy A22」とは雲泥の差です。

なお、気になる本体価格は236ドル(約2万6000円)を下回る見通し。

日本で発売された場合はソフトバンクの「Xiaomi Redmi Note 9T」同様、MNPユーザーなどを対象に「一括1円で販売される5G対応の格安Galaxy」となることが期待されます。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

Xiaomi「POCO X3 Pro」2万円ちょいに大幅値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に | Buzzap!

8GBメモリ採用で人気の「Alldocube iPlay 40」再び1万円台に値下げ、動画やゲーム、ナビにも使えるSIMフリータブレットで最新機種「40H」「40Pro」も格安に | Buzzap!

Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN MU02」再び競合のほぼ半額に、ゲームに最適化された高性能GPUでデュアル4K出力対応も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング