ガンダムスマホ「Black Shark 4S」爆誕、iPhone 13 Pro Maxを超えた美麗有機ELやド迫力音響など本格ゲーミング仕様で格安に



Xiaomi傘下の本格ゲーミングスマホ「Black Shark」シリーズにガンダムエディションが登場しました。

ゲーミングスマホとしても、ガンダムスマホとしても、かなりの出来栄えです。詳細は以下から。

これが新たに発表された「Black Shark 4S」。高色域(DCI-P3)、コントラスト比500万:1、明るさ1300nit、応答速度8.3ms、タッチ感度720Hz、144Hzのぬるぬる表示に対応した6.67インチフルHD+(1920×1080)有機ELディスプレイを搭載しており、iPhone 13 Pro Maxを圧倒しています。


発熱とパフォーマンスのバランスが良い「Snapdragon 870」と、超高速なLPDDR5メモリとUFS 3.1対応ストレージの組み合わせることで、ゲーミングスマホに求められる超高速なレスポンスを実現。


臨場感あるサウンドでゲームや動画配信サービスを楽しめる「DTS:X Ultra」にも対応しています。


120Wの爆速充電によって、4500mAhのバッテリーを17分でフル充電できてしまいます。言うなれば3万円台の格安ハイエンドスマホXiaomi「POCO F3」のゲーム特化版とでも呼ぶべきモデルです。


そんなBlack Shark 4Sの非常に興味深いポイントが「ガンダムエディション」が展開されること。本体もテーマも「‎機動戦士ガンダムSEED」仕様となっているだけでなく……


外箱やカバーなどもしっかり作り込まれています。


なお、ガンダムエディションのBlack Shark 4Sは12GBメモリに256GBの大容量ストレージ採用で3499人民元(約6万1700円)。

あまりに中途半端だった2015年版エヴァスマホのような「エントリーモデルにそれっぽいガワを被せただけ」の機種でなく、ガンダムの世界観を生かしたデザインの本格ゲーミングスマホにもかかわらず、かなりのお手ごろ価格です。

・関連記事
Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

【動画あり】富野由悠季監督が機動戦士ガンダム展「THE ART OF GUNDAM」開会式でスピーチ | Buzzap!

田亀源五郎が描いた「ガンダムUC」のジンネマン、驚くほど違和感ゼロに | Buzzap!

「∀(ターンエー)ガンダム」を大河原邦男氏がデザインするとこうなる | Buzzap!

Xiaomi「POCO X3 Pro」2万円ちょいに大幅値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性
  5. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始

モバイルに関連した楽天商品ランキング