1930年代を駆け抜けた、最高にクールな女性レーサーと愛車たち



そこはずっと昔から、男だけの世界ではありませんでした。詳細は以下から。

20世紀初頭にイギリスに作られたサーキット、ブルックランズ。この地でレースを行うブルックランズ・オートモービル・レーシングクラブでは早い時期から女性の参加が認められ、1920年代には多くの女性レーサーが誕生していました。

彼女らは女性レースと男女混合レースに出場しており、1933年には王立自動車クラブが正式に男性と同列の参加を認めるに至りました。そんな1930年代を駆け抜けた女性レーサーたちの姿は、ワイルドにしてクール。まさに時代のエッジを攻めまくった存在でした。

1930年、Elsie Wisdomさん


1930年、Kay Petreさん


1930年、Fay Taylourさん


1930年、Violet Corderyさん


1931年、女性メカニックのMiss J Alwynneさん


1932年、エンジンをチューンアップするKitty Brunellさん


1932年、Elsie“Bill”WisdomさんとJoan Richmondさん


1933年、愛車を会場に運ぶPaddy Naismithさん


1934年、たばこの吸いっぷりがたまらないGordon SimpsonさんとJoan Richmondさん


1934年、レース中のEileen Ellisonさん


1935年、Gwenda Stewartさん


1935年、ル・マン24時間レース出場の決まった3台の「Dancing Daughters」


1935年、レース中にドライバーを引き継ぐDoreen Evansさん


1935年、Gwenda Stewartさん、Doreen Evansさん、Kay Petreさん、Elsie Wisdomさん。並ぶと壮観です。


1936年、給水中のDoreen Evansさん


1937年、メカニックにヘルメットを直されているDorothy Turnerさん


1937年、愛車のV12ドラージュの前でポーズを決めるKay Petreさん


1937年、ブルックランドの女性ドライバーたちのりりしくイカツい集合写真


1938年、レース中にサインを出すAclacさん


1938年、Kay Petreさん


1938年、愛車のプジョーとPattenさん


ブルックランドは第二次世界大戦勃発のため、1939年を最後にその活動を休止。女性レーサーたちの活躍の舞台は一度その幕を下ろすことになりました。

・関連記事
エキゾチックで超クール!イスラム女性のイメージを覆すモロッコのバイカー女子たちの写真集 | Buzzap!

「木製ソーラー電動バイク」を17歳の少年がゴミや薪から自作、最高にワイルドながらBluetoothスピーカー内蔵で音楽も聴き放題 | Buzzap!

無骨にして洗練、サイバーな未来の1輪バイク「honda baiku」がアツい、なおホンダは無関係 | Buzzap!

100年前の「バイクチャリオットレース」の異様なまでのマッド・マックス感に震える | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング