「中国産有機EL」iPhoneに本格採用へ、5000万台分供給でSamsungやLGに打撃必至



有機ELディスプレイ分野で中国勢が本格的に追い上げます。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、中国BOEが2022年に5000万台分のiPhone向け有機ELディスプレイをAppleに納入するそうです。

これはSamsungの1億5000万枚、LGの7000万枚(いずれも2022年の目標値)に次ぐ数字。現在SamsungはiPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Max、LGはiPhone 13およびiPhone 13 miniのディスプレイを供給しています。

すでにBOEはiPhone 12およびiPhone 13の交換用有機ELパネルを供給していますが、数はそう多くなく、総出荷量の10%に過ぎないのが現状。しかしAppleからの大量受注にこぎ着けることができれば、とりわけLGを脅かす存在となります。

複数のメーカーから部材を調達することでコストを引き下げたいApple。BOEからの大量調達は大きな意味を持つことになりそうです。

・関連記事
【厳重注意】iPhone 13に安物の充電器やケーブルを使ってはいけません、もちろんAndroidスマホにも | Buzzap!

安くて画面の大きな「iPhone 14 Max」発売ほぼ決定か、販売不振でmini廃止へ | Buzzap!

iPhone 14で「Touch ID」復活か、待望の「折りたたみiPhone」まだ先に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング