AppleがAndroidスマホの下取り価格を大幅引き下げ、ハイエンドモデルも二束三文に



iPhoneに対する絶大な自信の現れかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleがつい最近Androidスマホの下取り価格を引き下げたそうです。

具体的にはSamsungのハイエンドスマホ「Galaxy S20 Ultra」が545ドルから405ドルに引き下げられたほか、現行モデルの「Galaxy S21+」に至っては435ドルからわずか325ドルへと引き下げられています。

また、競合するGoogleの「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」「Pixel 3 XL」はわずか50ドル、「Pixel 3」は45ドルとのこと。これなら下取りに出さす持っていたほうがマシと考えるユーザーもいそうです。

ちなみにAppleは昨年、iPhoneの下取り価格を最大1万円ほど引き下げ。しかしAndroidスマホの引き下げ額はそれらを大幅に上回っています。

・関連記事
実質3万円台で5G対応の新型「iPhone SE(第3世代)」は4~5月発売、部品製造も開始へ | Buzzap!

大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ | Buzzap!

新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  2. Xiaomi格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げ、iPhone 14 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応
  3. 「Snapdragon 8 Gen 2」Apple M1超えの快挙、AndroidスマホがiPhoneより高性能に
  4. 【過去最安】Anker最高峰「GaNPrime」採用の充電器やモバイルバッテリーが大幅値下げ、スマホやタブレット、パソコンを複数台同時に急速充電できる超高出力モデルが軒並み格安に
  5. 「不良品率80%以上」サムスンの3nmプロセス危機的状況に、TSMC追撃に向けて生産工程見直しへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング