AppleがAndroidスマホの下取り価格を大幅引き下げ、ハイエンドモデルも二束三文に



iPhoneに対する絶大な自信の現れかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleがつい最近Androidスマホの下取り価格を引き下げたそうです。

具体的にはSamsungのハイエンドスマホ「Galaxy S20 Ultra」が545ドルから405ドルに引き下げられたほか、現行モデルの「Galaxy S21+」に至っては435ドルからわずか325ドルへと引き下げられています。

また、競合するGoogleの「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」「Pixel 3 XL」はわずか50ドル、「Pixel 3」は45ドルとのこと。これなら下取りに出さす持っていたほうがマシと考えるユーザーもいそうです。

ちなみにAppleは昨年、iPhoneの下取り価格を最大1万円ほど引き下げ。しかしAndroidスマホの引き下げ額はそれらを大幅に上回っています。

・関連記事
実質3万円台で5G対応の新型「iPhone SE(第3世代)」は4~5月発売、部品製造も開始へ | Buzzap!

大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ | Buzzap!

新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう