KDDIが現実の都市にバーチャルなコンテンツを融合させる「XRscape」提供へ



スマホを通して見る都市空間が、バーチャルと融合してまったく別のものになる。

そんな未来感あふれるサービスがスタートします。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社とPsychic VR Lab社は2022年2月1日(火)から、実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる「XRscape(エックスアールスケープ)」の提供を開始するそうです。


「XR(エックスアール、クロスリアリティ)」というのは、現実世界と仮想世界の融合を指す、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などの技術の総称。

ユーザーはKDDIのXRアプリ「SATCH X」を起動してスマホをかざすだけで、簡単に設置されたバーチャルなコンテンツを体験することができるようになります。


XRscapeを用いることでリアルの都市空間にバーチャルの広告やコンテンツを自由に設置でき、都市全体を活用したプロモーションなどを容易にできるようになります。

ARスタンプラリーなどの回遊型アトラクションで都市全体を大規模なプロモーションなどに活用できるほか、ゲームなどのインタラクティブなコンテンツにも対応します。


KDDIとPsychic VR Labはパルコと共に事業共創プログラム「∞ (ムゲン) の翼 2021」の一環として、東京都渋谷区の渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を対応施設としました。こちらはナカシブ通り。


こちらはROOFTOP PARKです。


同様の都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、現在東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、京都の6都市で対応しており、今後は全国の都市や施設に拡大していくとのこと。

これまでにない「バーチャルがリアルをジャック」する体験ができるようになりそうです。

・関連記事
KDDI「バーチャル渋谷」 1日貸し切りプラン提供開始、メタバースで音楽ライブなど各種イベントを主催できるパッケージ | Buzzap!

KDDIの世界初「水空合体ドローン」遠隔水中撮影に成功、洋上風力発電や漁礁を船やダイバーなしで点検可能に | Buzzap!

「メタバースで現実が消失」ARパイオニアが世界のサイバーパンク化を警告 | Buzzap!

異性のアバター使用で「触られた時の感じ方」が変化、同性からのタッチが気持ちよくなると判明 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  2. 【速報】8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  3. 【速報】8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 【速報】格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  5. auが月額980円の「ケータイプラン」発表、音声通話のみも選べるシンプルな料金体系に

モバイルに関連した楽天商品ランキング