iPhoneに充電器とイヤホン同梱をやめたApple、7600億円の利益を上げてしまう



Appleが「環境のため」という理由でiPhoneからイヤホンや充電器を取り除いたところ、とんでもない利益を生み出してしまいました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、AppleがiPhone 12からイヤホンと充電器の同梱をやめたことで、65億ドル(約7600億円)を節約することに成功したとみられるそうです。

これはアクセサリーを同梱しなくなったにもかかわらず、本体価格を据え置いたため。

ユーザーは5Wの古い充電器から20Wの高速充電器(19ドル)へと買い替える必要が生じたほか、古くなったEarPodsを新調するために19ドルを支払ったり、129ドル以上で販売されているAirPodsへと乗り換えたことが、莫大な利益を生んだと指摘されています。

また、同梱をやめたことで本体の箱が小さくなり、輸送用のパレットに70%多く積み込むことができるようになったことも、コスト削減に大きく貢献したとのこと。

ここまで莫大な額になってしまうと「削減できたコストを還元して欲しい」と考えるユーザーが出てくるのも無理からぬ話かもしれません。

・関連記事
【厳重注意】iPhone 13に安物の充電器やケーブルを使ってはいけません、もちろんAndroidスマホにも | Buzzap!

安くて画面の大きな「iPhone 14 Max」発売ほぼ決定か、販売不振でmini廃止へ | Buzzap!

「iPhone 13」バカ売れで生産拡大へ、ボーナス大盤振る舞いで労働者確保も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう