スマホ生産「2億台以上」減少へ、半導体不足も深刻でXiaomiやOPPOなど中国メーカー直撃



ここ数年と打って変わって2022年は「スマホ冬の年」となりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、中国の半導体製造会社「SMIC」共同CEOのZhao Haijun氏が2022年のスマホ業界動向について「販売台数が少なくとも2億台減少する」という見解を示したそうです。

これは2021年にXiaomiが出荷したスマホの台数(1億9000万台)すら上回るもの。ウクライナでの戦争がとりわけ大きく影響しており「当該地域での売上が完全になくなった」とコメントしています。

なお、スマホの部品は依然として足りない状況が続いており、電力管理、高速充電、Wi-Fiなどのチップが不足しているとのこと。背景として第2四半期に中国上海で発生したロックダウンによって、製造が大きく滞ったことが挙げられています。

・関連記事
【速報】Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに | Buzzap!

スマホやゲーム機、自動車など一気に値上げへ、サムスンやTSMCが半導体の価格大幅引き上げ | Buzzap!

「iPhone 13」まさかの減産か、販売不振の「iPhone SE(第3世代)」は20%削減も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング