超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現


Xiaomiの格安ブランド「POCO」から安価なスマホが登場しました。詳細は以下から。

これが新たに発売された「POCO C40」。割れにくいゴリラガラスを採用し、大きく見やすい6.71インチHD+(1650×720)液晶ディスプレイを備えています。

1300万画素カメラと200万画素深度センサーを搭載。エントリーモデルながらボケのあるポートレート撮影ができます。

一般的なスマホの2倍にあたる6000mAhバッテリーが18Wの急速充電に対応しています。

背面には便利な指紋認証センサーも。

そんなPOCO C40の最もユニークなポイントがプロセッサ。クアルコムでもMediaTekでもUNISOCでもない、上海のJLQというメーカーが手がけた「JR510(最大2.0GHz)」を採用することでコストを削減しています。

あまりにユニークすぎるプロセッサではあるものの、十分日常使いできる内容のPOCO C40。

海外の通販サイトでは2万円前後で予約受付が行われています。

・関連記事
「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ | Buzzap!

Core i9超えでゲームもできる格安PC「TBOOK MN45」値下げ、Ryzen採用でトリプルディスプレイ対応の超小型モデル | Buzzap!

【速報】Core i7搭載の新型ハイエンドPC「NVISEN MU05」値下げ、ゲームができる高性能GPUやトリプル4K対応で仕事にもプライベートにも大活躍の1台 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]