「iPhone 14 Max」発売延期になる可能性、生産に致命的な遅れか



9月に発売されるとみられるiPhone 14シリーズですが、予測通りにはならない可能性がでてきました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、「iPhone 14 Max」(今後iPhone 14 Plusと命名される可能性あり)の生産が遅れているそうです。

これはディスプレイ業界の調査会社CEO「Ross Young」氏が明かしたもので、iPhone 14 Max用ディスプレイパネルの供給が「かなり遅れている」とのこと。

また、「iPhone 14 Pro Max」に比べiPhone 14 Max向けパネルの生産量は3分の1程度にとどまっているとしています。

なお、同じく6.7インチであるiPhone 14 Pro Maxのパネルを使い回そうにも、iPhone 14 Maxは上位モデルに使われる可変リフレッシュレート技術「ProMotion」に対応していないため、それも適わないようです。

5月にも中国のロックダウンにより少なくとも1機種の開発が3週間ほど遅れていると報道もあったiPhone 14シリーズ。

この状況が改善されなければ、iPhone 14 Maxだけ発売が延期されるか、あるいは供給が極端に制限される可能性もありそうです。

・関連記事
iPhone 14以降は「最新性能が欲しければPro」明確に、ユーザーの負担額さらに増加へ | Buzzap!

Appleを激怒させたBOEが「iPhone 14」向け有機ELディスプレイの注文獲得、ただし数は激減 | Buzzap!

iPhone 14 Maxは「iPhone 14 Plus」として発売か、iPhone 8 Plus以来のネーミングに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング