Appleを激怒させたBOEが「iPhone 14」向け有機ELディスプレイの注文獲得、ただし数は激減



iPhone用のパネルを受注するまでに成長した中国のディスプレイメーカー「BOE」。

今年始めにAppleを裏切るような行為が発覚しましたが、完全に縁を切られる事態は避けられたようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、BOEが「iPhone 14」向け有機ELパネルの注文をAppleから正式に受けたそうです。

BOEは本来iPhone 14に使われる有機ELパネル3000万枚の注文を受ける予定でしたが、昨年iPhone 13の有機ELパネルを製造した際に歩留まり(良品率)を向上させる目的でAppleに無断で薄膜トランジスタの仕様を変更したことが発覚。

一時は注文消滅の危機にありましたが、先週Appleの認証に合格し9月のiPhone 14発売へ向けて有機ELパネルの量産を始めたとのこと。

ただし、任されたのは500万枚と予定より大幅に少ないものに。一方、Samsungは6000万枚、LGは2500万枚を供給するとされています。

iPhone用有機ELパネルを独占供給していたSamsungへ圧力をかけるため、LGに続き採用されたとみられているBOE。iPhoneの価格にも影響する話なだけに、Appleの期待する働きができるかは気になるところです。

・関連記事
iPhone 14以降は「最新性能が欲しければPro」明確に、ユーザーの負担額さらに増加へ | Buzzap!

iPhone 14は「20万円超え」が当たり前になる可能性、日本でのシェアついに大幅下落か | Buzzap!

AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か | Buzzap!

「iPhone 13」有機ELディスプレイに品質問題の懸念、中国BOE製パネルを採用へ | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング