「充電器の使い回し」に注意、充電式の懐中電灯など発火するおそれも



災害時に役立つ懐中電灯やヘッドライトなどの光源が、思わぬ事故に繋がってしまう可能性があることが明らかになりました。

日常で使う家電にも十分注意が必要です。詳細は以下から。

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)のプレスリリースでは、充電式ライトの運用方法について注意喚起がなされています。

ヘッドライトや懐中電灯などの携帯できる光源は、停電時や避難時の照明に最も多く準備されているグッズ。

近年は明るく長持ちするLEDとリチウムイオン電池を組み合わせた充電式ライトが多く販売されていますが、製品付属の充電器ではなく他製品のもので充電してしまうと発火の恐れもあるようです。


見た目ではどの製品のものか分からなくなりがちな充電器ですが、電圧の規格が違う他製品のものを誤って使ってしまうと……


リチウムイオン電池が過充電により発火し、最悪火災につながるリスクも。

特に慌てて充電を行うと、誤った充電器を使用するなど事故が発生しやすくなるとのこと。いざという時、安全に使えるよう余裕をもって確認する必要がありそうです。

また、事故防止のポイントとして以下が挙げられています。

・充電は製品に付属の充電器で行う。
・充電中は放置せず、近くに可燃物などの物を置かない。
・充電用コネクター内部への液体やほこりなどの付着がある場合は充電しない。
・衝撃を与えない。
・高温となる場所に放置しない、水に濡らさない。
・充電ができないなどの異常が見られたときは、ただちに使用を中止し、購入店などに相談する。


スマホを筆頭にあらゆる家電に採用されているリチウムイオン電池。便利ですが、危険性もあることを十分理解して使うべきでしょう。

・関連記事
【厳重注意】iPhone 13に安物の充電器やケーブルを使ってはいけません、もちろんAndroidスマホにも | Buzzap!

Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった | Buzzap!

スマホ5000台を充電できる27000000mAhの超巨大モバイルバッテリー颯爽登場、テレビや洗濯機、炊飯器も使えます | Buzzap!

「災害時を踏まえたモバイルバッテリーの選び方」を実際に停電して思い知りました | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ライフに関連した楽天商品ランキング