Mac mini対抗の「Xiaomi Mini Host」発表、手のひらサイズで第12世代Intel Core搭載の高スペックミニPC



新製品発表会で「Xiaomi 13」を発表したXiaomiが、なんと初のミニPCを発表していました。詳細は以下から。

Xiaomi公式ページによると、同社は12月11日に行われた新製品発表会において、ミニPC「Xiaomi Mini Host」を発表しました。


これはXiaomi初となるデスクトップPCで、Windows 11 Homeを搭載。

本体サイズは112×112×38mmの手のひらサイズで、重さはわずか437g。Appleの同じくミニPC「Mac mini」は197×197×36mmですから、比較してもかなりの小型です。


CPUは第12世代Intel Core i5-1240P搭載で12コア16スレッド構成、メモリは16GB DDR4 RAM (3200MHz)、ストレージは512GBのPCIe 4.0規格SSDを搭載しています。

さらにUSB Type-A端子×4、USB Type-C端子×2、HDMI端子×2、イーサネット端子×2とインターフェースもかなり豊富で、Wi-Fi 6およびBluetooth 5.3までサポート。


価格は3699元と、日本円にして約7万2000円の高コスパなハイスペックマシンとなっています。

なお現時点でグローバル発売に関する情報はなく、日本でもし購入したければ個人輸入に頼ることになりそうです。

・関連記事
【人気御礼】Core i7搭載で競合の半額な「NVISEN MU02」まだまだ値下げ、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応の格安ハイエンドPCに | Buzzap!

サムスン「折りたたみディスプレイ」搭載のノートPC開発中、タッチパネルでマルチ操作や大画面を実現 | Buzzap!

手のひらdynabookこと「dynaEdge DE200」レビュー、軽量省電力なのにCore i7搭載でLTE対応も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング