iPhone「物理キー」認証に対応へ、SMSやワンタイムパスに代わる最強のセキュリティ対策に


パスワードを使わない、従来の2段階認証より効果絶大な「物理キー」が導入されるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iPhoneはiOS 16.3からの新機能として、物理セキュリティキーを2段階認証に使うことでApple IDにサインインできるようになるそうです。

これはUSBやLightning、NFCなどを経由して、物理的なデバイスを接続して認証するというもの。12月14日に公開されたiOS 16.3のベータ版により判明したとのこと。

なおAppleは物理キーを発売せず、「Yubikey」などのサードパーティー製品を使うことになるとしています。またキーは2つまで設定でき、1つをバックアップ用として使うこともできるそう。

現在はSMSやワンタイムパスワードアプリなどを利用した2段階認証が主流ですが、フィッシング詐欺やスマホの破損などによって脆弱性があり、完璧ではないのが現状。

物理キーを使用することでボットや不特定多数からの攻撃をほぼ100%防ぐことができるとの報告もあり、来年以降公開のアップデートによって「最強」のセキュリティ対策が導入されることになりそうです。

・関連記事
「Apple税」撤廃か、外部ストアで決済手数料を回避できるようになりApp Storeの独占終了へ | Buzzap!

紛失防止タグ「AirTag」悪用でストーカーを逮捕、追跡防止機能で発覚するも販売差止を求める声 | Buzzap!

App Store価格大幅見直しへ、為替で値段変動しなくなり最低50円からで購入しやすく | Buzzap!

iPhoneに個人情報を特定する可能性があったことが明らかに、リアルタイムで行動が筒抜けか | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]