新型「iPhone SE(第4世代)」発売延期か、大画面化で値上げ懸念され計画見直しへ



大画面化が期待される、廉価版iPhoneの開発が難航しているようです。詳細は以下から。

確度の高いモバイル業界のリーク情報で知られるアナリスト、ミンチー・クオ氏のツイートによると、2024年発売予定とされ第4世代にあたる新型「iPhone SE」の生産開始時期が延期、もしくは中止される可能性があるそうです。

これは、iPhone SE(第3世代)や「iPhone 13 mini」、「iPhone 14 Plus」などの比較的手に入りやすい価格帯の製品が、予想を下回る出荷台数であったことによるもの。

また、新型iPhone SEは全画面ディスプレイとノッチデザインを採用とみられていることから、製造コストや販売価格の上昇が懸念されているとのこと。

そのため、Appleは製品そのものの立ち位置や収益率について再検討しているとしています。

世界的なスマホ需要の冷え込みやiPhone 14 Plusの販売不振などにより、生産すら危ぶまれている新型iPhone SE。

計画の見直しによって、たとえ遅れても「低価格なiPhone」という位置づけを維持したまま発売されることを期待するばかりです。

・関連記事
【悲報】「iPhone 14 Plus」80%オフに、発売2ヶ月で叩き売り加速 | Buzzap!

低価格な新型「iPhone SE(第4世代)」はiPhone 13 miniとほぼ同じ有機ELディスプレイ搭載か、より大画面化の可能性も | Buzzap!

新型「iPhone SE(第4世代)」やはり大画面化、iPhone XRベースでTouch ID存続か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング