「Windows 10」まもなく販売終了へ、公式ストアで取扱なくなりサポートは引き続き継続



今年1月10日には「Windows 8.1」のサポートが終了したのも束の間、さらに「Windows 10」の販売も終了するようです。

購入の予定があるユーザーは急いだ方がいいかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、マイクロソフトは1月31日にWindows 10(ダウンロード版)を販売終了するそうです。

これは同社のWindows 10 Home、Pro、およびPro for Workstationの製品ページにて案内されているもの。

なお販売終了後も、他のオンラインストアや小売店でライセンスキーやパッケージ版の購入は引き続き行えるとのこと。

またサポート期間は2025年10月14日までとなっており、ライセンスを購入しているユーザーは引き続きWindows 10およびセキュリティ更新プログラムが利用できます。

・関連記事
まもなく1年の「Windows 11」ユーザーわずか2%台、Windows 7以下であることが明らかに | Buzzap!

「Windows 12」2024年にリリースか、3年ごとの出荷サイクルへ | Buzzap!

Windows「メモ帳」にタブ機能が追加か、初代からの標準搭載アプリにまさかの大型アップデート | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ソフトウェアの人気記事

まだデータがありません。

ソフトウェアに関連した楽天商品ランキング