新型iPadは「折りたたみiPad」でカーボン繊維採用の軽量高耐久モデルに、iPad mini(第7世代)も投入へ


2024年にも発売する可能性が高いとされる「折りたたみ式iPad」が、新たなアタッチメントを備えると噂されています。

広げて大画面で使う以外にも、半折りにしてソフトウェアキーボードでのタイピングもスムーズに行える、多用途かつ画期的な一台になりそうです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Appleは来年にもカーボンファイバー製キックスタンドを備えた「折りたたみiPad」を発売するそうです。

これはApple関連の確度の高いリーク情報などで著名なアナリスト、ミンチー・クオ氏が明かしたもの。

キックスタンドはカーボンファイバー素材を採用することで、より軽く耐久性が高いものになり、また「全く新しいデザインの折りたたみ式iPad」になるとのこと。

さらに加えて、2024年第1四半期には新型の第7世代「iPad mini」も量産が開始される可能性が高いとしています。

ただし今年については新型iPadが出る可能性は低く、出荷量も減少する見込み。その代わり来年には折りたたみ式iPadと新型iPad miniが登場して製品ラインナップも一新されるとしており、2024年は「iPad」大幅刷新の年となりそうです。

・関連記事
新型「iPad mini(第7世代)」がプロセッサ刷新で2023年発売か、「折りたたみiPad mini」は全く別の製品として展開へ | Buzzap!

「折りたたみiPad mini」発売か、Galaxy Z Fold対抗でMacBookも20インチ超の折りたたみディスプレイ搭載へ | Buzzap!

「折りたたみiPad」発売ほぼ確実に、さらにMacBookも登場か | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]