楽天モバイル「悲願のプラチナバンド」割り当て認定、つながりやすくてエリアも広い700MHz帯で全国カバーへ


楽天モバイルの悲願がついに成就しました。詳細は以下から。

楽天モバイルのプレスリリースによると、同社は本日23日に「700MHz帯における移動通信システム普及のための特定基地局開設計画」の認定を総務大臣より受けたそうです。

この認定に伴い、同社は700MHz帯の電波を活用したモバイルネットワークの構築を開始し、より高品質な通信環境の実現を目指していくとしています。

なお、「プラチナバンド」とも呼ばれる700~900MHz帯の電波は障害物があると回り込んで進む性質があるため、基地局1台あたりのカバーエリアが広く、屋内などでもつながりやすいエリアを作るには必須になるもの。

しかし2020年から正式サービスを開始した楽天モバイルには割り当てられていなかったため、「新規参入事業者にも早期割り当てを」と同社は強く望んでいました。

どのタイミングで「高品質な通信環境」が実現されるのか、楽天モバイルユーザーだけが期待するにとどまらず多くの注目が集まることになりそうです。

・次の記事
【速報】楽天モバイルのプラチナバンド「2026年3月ごろサービス開始」へ、エリア改善は『早ければ2023年12月』から2年以上も先に | Buzzap!

・関連記事
【速報】「NTT完全民営化(NTT法廃止)に反対」KDDI、ソフトバンク、楽天など180事業者が要望書を提出、『光ファイバーほぼ独占』など弊害を問題視 | Buzzap!

楽天モバイル「1円スマホ」終了間近か、Rakuten Hand 5Gが品切れ状態で新機種に期待も | Buzzap!

楽天モバイルが即解約に損害賠償を請求へ、1円スマホ持ち逃げ対策が新たな『縛り』になる懸念も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]