格安スマホ「Xiaomi Mi 11 Lite」突然死の不具合か、「いきなり起動しなくなった」など報告相次ぐ


90Hz表示に対応した6.55インチ有機ELディスプレイにSnapdragon 780、6400万画素カメラ、4250mAhバッテリーなどを備えて軽さは159グラム。

そんなバランスの良さで人気だったハイミドル格安スマホが、深刻な不具合に見舞われています。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、大手価格情報サイト「価格.com」のクチコミ。9月10日の「充電しようとしたところ、画面が消灯して反応が無くなった」という投稿を皮切りに、相次いで突然死が報告されています。

興味深いのがその症状。いずれも突然画面が真っ暗になって、そのままウンともスンとも言わなくなったというものです。

・操作中にシャットダウンしたかのように画面が暗転して、それっきり
・何度か画面が真っ黒になり、最初は電源長押しで回避できたものの、とうとう文鎮化
・突然電源ボタンが効かなくなった
・前触れもなく画面が真っ暗になって、電源が入らなくなった


「LG G4」や「AQUOS sense5G」で発生した再起動を繰り返す「ブートループ」ではなく、そもそも起動すらしなくなるというXiaomi Mi 11 Liteの不具合。

特定のアップデートを適用した直後というわけでもないため、まさに『突然死』としか表現しようがありませんが、これといって有効な対策が確認できていない以上、ユーザーは少なくとも定期的にデータをバックアップしておく必要がありそうです。

・関連記事
異色の高性能すぎる格安スマホ「Galaxy M44」ついに登場、コスト削減で意外なプロセッサを搭載など類を見ないハイエンドモデルに | Buzzap!

Xiaomi新型格安スマホ「POCO X6」発売へ、iPhone 15 Pro Maxに迫る有機ELや1億画素カメラを備えて3万円のRedmi Note 13がグローバル版に | Buzzap!

『超格安Pixelは出さない』Google幹部が明言、廉価版「Pixel 8a」は発売される見込みに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品[PR]