キンコーズが3Dプリントサービスを開始、模型やフィギュアも作成可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスに役立つものだけでなく、同人作家にも優しい各種サービスを展開しているキンコーズが、今度は3Dプリントサービスの提供を開始しました。


3Dプリント | 店舗サービス | キンコーズ・ジャパン

キンコーズ・ジャパンの公式ページでは、新たに申し込みや入稿がオンラインで行える3Dプリントサービスが開始されたことが告知されています。

プリントタイプは2種類。こちらは高品質、高精細で耐久性のあるUV硬化プラスチックで造形する、着色無しの「樹脂タイプ」。パーツの試作や機能テスト、モックアップの製作などに最適で、ねじ切りや塗装などの後加工も可能です。

樹脂タイプは求める再現性に応じて積層ピッチ16ミクロンの「最高解像度」、29ミクロンの「超高解像度」、32ミクロンの「高解像度」から選択可能で、料金や作成にかかる時間も変動。最大プリントサイズは203×178×152mmで、高解像度モードのみ298×185×203mmとなっています。

さらに建築模型や構造模型、フィギュアの製作に向いたカラープリントの「石膏タイプ」も提供。最大プリントサイズは254×381×203mmで、積層ピッチは100ミクロン。石膏パウダーをCMYK4色の接着材で固めて造形するため、仕上がりは全体的にざらついた質感になりますが、手軽に立体プリントを作成できるのは面白いのではないでしょうか。

入稿時の注意点。基本的に1mm以上の厚み・大きさが必要であるほか、ポリゴンに不足がある場合や中空形状のプリントを行う場合は特に気を付ける必要があります。また、著作権法に違反するものや、銃器などの生命身体に危険を及ぼす可能性のあるものもプリントできません。

なお、オンラインで3Dプリントを注文した場合、納品方法は配送もしくは上野店での引き渡しになるとのこと。上野店では平日AM10:00~PM19:00に各種3Dプリントの製作サンプルが掲示されているため、興味がある人はあらかじめチェックしてみるのも良さそうです。

・関連記事
同人作家に朗報、キンコーズのコピー機が全自動で製本可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「コミックマーケット85(C85)」は12月29日(日)~31日(火)開催、男性向けは3日目に | BUZZAP!(バザップ!)

コミケ存続の危機か、東京ビッグサイトの社長が表現規制強化派の元警察官僚に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加