割り切りまくった新機種「301Z」をソフトバンクが発売へ、ただしプリモバイル専用

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクが色々なスペックを割り切った新機種を発表しました。

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は2014年6月6日からプリペイドサービス「プリモバイル」向けに「SoftBank 301Z(ZTE製)」を発売するそうです。

301Zは900MHz・2.1GHzの3Gに対応したテンキー搭載モデルで、約2.4インチQVGA(320×240)液晶搭載。専用ボタンで簡単に起動できる200万画素カメラのほか、1100mAhバッテリーを搭載することで、コンパクトながら日常で使える基本性能を備えています。

手のひらサイズの「プリモバイル」向け新機種「301Z」を6月6日より発売 | 企業・IR | ソフトバンク

・関連記事
ソフトバンクやドコモに大きく影響、携帯電話周波数の「グループ内共同利用」実現へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIやソフトバンクがNTTのセット割解禁に戦々恐々とするワケ | BUZZAP!(バザップ!)

ヤフーのイー・アクセス買収中止、ただしワイモバイル立ち上げは変わらず | BUZZAP!(バザップ!)

NTTのセット割解禁に異議を唱えたKDDIとソフトバンク、自社網整備で立ち位置の違いが明白に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加