20GB・6000円の「スーパーデジラ」をauが発表、まさかの全データ繰り越し&テザリング無料

このエントリーをはてなブックマークに追加

auが速攻でソフトバンクの新プランに対抗します。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2016年9月15日から「データ定額20」を月額6000円、「データ定額30」を月額8000円で提供する「スーパーデジラ」を提供するそうです。

これはソフトバンクの「ギガモンスター」と同じ内容ですが、大きな違いとして余ったデータ容量をすべて翌月に繰り越すことができる(ソフトバンクは5GBまで)上に、テザリングを無料(ソフトバンクは別途1000円必要)で利用できるキャンペーンも2017年4月末までの予定で提供。

「auスマートバリュー」適用で、5分以内の通話が何度でも無料になる音声定額「スーパーカケホ」とあわせて月額6590円から利用できるようになります。

なお、スーパーデジラのデータ通信量は利用開始から24時間使えて自動更新無しの安心設計サービス「世界データ定額」でも利用可能。つまり海外でも20GB・30GBの超大容量通信を国内同様に利用できるわけです。

「スーパーデジラ」新登場! 大容量データ定額サービス「データ定額20」、「データ定額30」を追加 | 2016年 | KDDI株式会社

・追記
ソフトバンクがギガモンスターの提供条件に手を加え、「全データ翌月繰り越し」「2017年4月末までテザリング無料」を打ち出しました。

表向きスーパーデジラと並ぶ形になりますが、世界データ定額や、auスマートバリュー利用時の月額料金など、au独自の要素もあります。

ソフトバンクがauの「スーパーデジラ」に対抗、全データ繰り越し&テザリング無料に | BUZZAP!(バザップ!)