脱獄したiPhone販売容疑で男が逮捕、全国初の事例に

このエントリーをはてなブックマークに追加

Apple社のロックを解除し、iPhoneなどでApp Storeで認められていないアプリなどを動作できるようにする、いわゆる「脱獄」したiPhoneを販売していたとして、男が逮捕されました。詳細は以下から。

NHKの報道によると、今年春ごろ、不正に改造した5台のiPhoneをオークションサイトで販売したとして、富山市に住む24歳の男が商標法違反の疑いで逮捕されたそうです。

このような改造が加えられたiPhoneの販売が摘発されるのは全国初のことで、逮捕された男はiPhoneに不正に改造された非公式のモンスターストライクなどのアプリがインストールされた状態で販売していたとされています。

なお、脱獄したデバイスの販売で販売されるケースはiPhoneだけにとどまらず、2008年にはコピーソフトが遊べるようにしたPSPを販売した男が、今回と同じく商標法違反で逮捕されています。

「脱獄」iPhone販売容疑で24歳の男を逮捕 | NHKニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加