獣人やガチムチ満載の「東京放課後サモナーズ(放サモ)」配信開始、豪華絵師・声優陣起用のLGBT向け本格スマホゲームに

このエントリーをはてなブックマークに追加

GMPD(ガチ・ムチ・ポチャ・デブ)なアニキや獣人たちと魔都と化した東京23区を駆けめぐる「東京放課後サモナーズ」の配信が開始されました。

誰もが知っている有名声優や第一線で活躍する人気イラストレーターたちを起用した、LGBT向けとしては初となる大規模な本格スマホゲームとなります。詳細は以下から。

本日から配信開始された東京放課後サモナーズは、さまざまな異世界たちとのゲートが開き、神話や伝説に謳われる存在たちが召喚主「サモナー」との契約により呼び出された東京を舞台に、恋と友情の絆で結ばれた仲間たちと駆けめぐるカードバトルRPG。

物語を進めるメインクエスト以外にも、仲間を強化できるフリークエスト、ガチャなどで手に入れたキャラクターにまつわる物語を見ることができるキャラクタークエストなどをプレイ可能。ストーリーを進めていくうちに、絆を深める特別なクエストが発生することもあるとされています。

主人公は5タイプから選択可能。なんと山口勝平や松井菜桜子といった超有名声優のボイスも選択できます。

開発元のライフワンダーズはビジョンとして「LGBTをはじめとした、あらゆる性的指向を持つプレイヤーが楽しめるゲームの開発」を掲げているため、本作ではプレイヤーの外見と性自認を選ぶことも可能に。いわゆる「男装の麗人」や「男の娘」なども選択できるわけです。

そして同作を支える最も大きなポイントが、ガチャで手に入れられるキャラクターなどのイラストを手がけるのが、ゲイ業界を中心に押しも押されぬ活躍を繰り広げる以下のイラストレーターたちという点。国内だけでなく海外での支持も厚く、豪華声優陣に引けを取らないラインナップです。

あまみや、カサイこーめい、gamma、きしぐま、樹下次郎、吉良ネリス、黒ねずみいぬ、朱交赤成、大地巧太、naop、流れ星☆プリン、ひかげん、BomBom、めんスケ

CHARACTERS – 東京放課後サモナーズ

手に入れたキャラクターはこのように情報をチェックできます。

公式PV第1弾はこんな感じ。老若男女・ケモノ・人外すべてのキャラ同士を恋人にできるという、ドキドキものの内容です。

なお、配信開始時点での対応プラットフォームはiOS 9.0以上で、今後Android版も配信される予定。

リリース後、ログイン1~7日目までの間、ガチャやAP(行動力)回復、クエストバトルのコンティニューなどに使用できる「転光石」が通算50個手に入る「スタートダッシュキャンペーン」が展開されることが告知されています。

東京放課後サモナーズ – App Store

・関連記事
ゲイアプリでモテない「NG行為」をゲイの読者に教えてもらいました | BUZZAP!(バザップ!)

【サムソン高橋特別寄稿】非シャイニーな中年ホモがゲイパレード直撃、東京レインボープライド2016写真日記 その1 | BUZZAP!(バザップ!)

ケモナー歓喜の「ソラトロボ2」デモ画面、ニセモノだったことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊、21年の歴史に幕 | BUZZAP!(バザップ!)

休刊したガチムチ系ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」電子版での復活に暗雲、公式アプリ「G Global」頓挫 | BUZZAP!(バザップ!)

まもなく20周年を迎える「風のクロノア」がアニメ化へ | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイ雑誌「G-men(ジーメン)」休刊の経緯や今後の方針が判明、実は創刊当時から赤字だった | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加