永久にリザーブできるグリーン車席などの入ったJR西日本の変わり種福袋、開始1分で完売

このエントリーをはてなブックマークに追加



JR西日本があまりにもコアな欲望をそそる特別な福袋を1月4日(水)11:00からネット限定発売したのですが、単価は5万円~100万円という強気設定、福袋1つあたり1名限りという厳しすぎる条件にも関わらず、1分で完売したそうです。

鉄道車両部品の福袋 販売のお知らせ【PDF】



5万円、10万円、30万円、50万円、100万円の5種類の福袋が用意されており、その中身は廃車になった鉄道の部品たち。内容は下記の通り。個人的に5万円袋の「グリーン席(2席)」と10万円袋の「新幹線(100系)の先っちょの丸いところ」が気になってしかたありません。


販売場所はJR西日本の「トレインボックス」ホームページで、トップページなどに特設バナーはいっさいなく、詳細な商品ページURLの案内はなかったにもかかわらず、すべての福袋が瞬殺されました。唯一、100万円の福袋だけは3分間の猶予があったらしいのですが、他の福袋はもれなく1分で完売。とんでもない競争率です。

一応この福袋争奪戦に参加していたつもりだったのですが、気がついたらこの画面になっていました。この画面だといまいちわかりにくかったので電話でJR西日本に聞いてみたところ、「1分で完売した」ことに関するアナウンスをもらったわけです。「売り切れ」とはっきり書かずに「取り扱いなし」と書くのには何らかのポリシーがあるのでしょうか。
トレインボックス/商品一覧ページ


・関連記事
マサチューセッツ工科大学の学生が自作した自動一輪車の動画 | BUZZAP!(バザップ!)

ある意味公平かもしれない、太った人のための専用席 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加