NTTドコモが「応援学割2012」を展開へ、パケット料金と基本使用料を大幅値引き

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯電話各社が春商戦に向けて毎年展開している学割キャンペーンですが、NTTドコモが先陣を切って「応援学割2012」を打ち出しました。

基本料金だけでなくパケット料金の値引きも含まれているため、「スマートフォンを導入したいけれどもパケット代が……」という学生ユーザーにうってつけの内容となっています。

詳細は以下から。



報道発表資料 : 学生のお客様とご家族を対象としたキャンペーン「応援学割2012」を実施 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモの報道発表資料によると、2012年1月20日(金)から5月31日(木)にかけて、学生ユーザーと学生の家族で新規契約のユーザーを対象に、利用料金を値引きする「応援学割2012」の受付を実施するそうです。

これはキャンペーン期間中に「応援学割2012」を申し込むと、次世代高速通信サービス「Xi」および第三世代携帯電話サービス「FOMA」の基本利用料金が値引かれるというもの。これにより「タイプXiにねん」および「タイプシンプル バリュー」契約時は申し込み月および6ヶ月の最大7ヶ月間、基本使用料が0円になります。


また、スマートフォンユーザーに対しては基本使用料の割引に加えて最大37ヶ月間、パケット定額サービスの上限額が1050円割引(FOMAでテザリングを利用した場合の上限月額8190円は割引対象外)。昨年実施された「応援学割2011」のパケット割引額(525円)の2倍を割り引く計算となっており、今回のキャンペーンは急速な勢いで普及しているスマートフォンユーザーを取り込むためのものであると考えられます。


なお、仮に「タイプXiにねん」で「Galaxy S II LTE(SC-03D)」などのXi対応スマートフォンを契約した場合、37ヶ月間でのトータルの割引額は以下となります。

トータルの割引額:
780円×7ヶ月+390円×30ヶ月+1050円×37ヶ月=5万6010円

・次の記事
NTTドコモが基本使用料0円に、「応援学割2012」強化で対抗姿勢を鮮明に | BUZZAP!(バザップ!)

例年にない激戦状態の学割プラン、ドコモとau、ソフトバンクを比較してみた 2012年版 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
PS Vitaの定額通信が月額1000円台になる「定額データプラン128K」発表、無線LAN無料も | BUZZAP!(バザップ!)

あの「PRADA Phone」再び、NTTドコモが「PRADA phone by LG L-02D」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついに地下鉄のトンネル内で携帯電話を利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加