au版iPhone 4SがFacetime、iMessageに対応、iOS 5.1へのアップデートで

このエントリーをはてなブックマークに追加



2月下旬に発表されたEメールのリアルタイム受信に続いて、本日からau版iPhone 4SがFacetime、iMessageに対応しました。

詳細は以下の通り。



iPhone 4SのiOSアップデートに伴う機能対応について | スマートフォン・携帯電話に関するお知らせ | au

KDDIの告知ページによると、同社は3月13日(火)からiPhoneの「メール」機能でauのEメール (@ezweb.ne.jp) をリアルタイムに自動受信できるようにするのに先駆けて、高画質なビデオ通話機能「Facetime」およびテキストだけでなく写真なども送れるメッセージングサービス「iMessage」に本日から対応するそうです。

これらのサービスを利用するためには対応にはiOS 5.1へのアップデートが必要で、さらに国際ローミングでのデータ通信利用時に、海外ダブル定額の提供事業者を選択できる「国際ローミング時における事業者選択機能」にも対応。これにより、現在72の国と地域の通信事業者と提供している「海外ダブル定額」を安心して利用できるとのこと。

ちなみに今回のアップデートで、au版iPhone 4Sで利用できない機能は「MMS」「国際SMS」「ビジュアルボイスメール」のみとなりましたが、いずれも2012年3月中に順次対応する予定となっています。

・関連記事
au版iPhone 4Sはソフトバンク版よりも快適に通信可能、カタログ性能と実測値の違いが如実に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneをはじめ各社の武器を次々獲得、「選べる自由」を実現したauのスマートフォン戦略まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

通信量爆増でパケット定額の今後や帯域制限の現状は?KDDIに聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがスマートフォン向けに導入する「通信の最適化」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加