これはひどい!ヘアケア会社が通勤列車にしかけたあんまりな広告

このエントリーをはてなブックマークに追加


By Vicki & Chuck Rogers

薄毛は今も昔も深刻な悩み。カツラや育毛剤、各種ヘアケア用品などを駆使して男たちは長年激しい撤退戦を戦い続けています。そんな男たちの危機感を煽ろうと、カナダのヘアケアサービスを提供するPanoramaHairが過激すぎる広告を展開しました。

Super Punch Humiliating hair loss advertisment

広告を掲載したのは大勢の通勤客が乗り合わせる通勤列車。モデルは…そう、あなたの頭です。毎朝苦心してセットしている生え際や頭頂部を鏡を使って真上というあらぬ角度から、同じ車両に乗り合わせた不特定多数の男女に目撃されてしまいます。これは厳しい。いやほんとやめろ下さい。


そして鏡にドヤ顔で張られているPanoramaHairの「THE HAIR LOSS SPECIALISTS」の文字。うちに来ればそんな悩みは即解決と言いたいのでしょう。これはサガットなら即座にタイガーアッパーカットで粉砕するレベル。


「この会社の人間は髪の毛を扱っていながら薄さのもたらす苦痛が分からないのか!」と一瞬思いましたがきっと全員自社製品で対応済みで何の問題もないのでしょう。日本でやったら一瞬でクレームの嵐で大炎上しそうです。

・関連記事
1986年のアメリカでの空手普及用ラップソング映像がお約束すぎるヒドさ BUZZAP!(バザップ!)

タマタマにタマをぶつけまくる日本発、漢限定の究極球技「Groin Ball」 BUZZAP!(バザップ!)

炎を噴き上げロボットが潰れる、機械戦争パフォーマンス集団SRLがサンフランシスコで上演禁止に BUZZAP!(バザップ!)

ストIIのボーナスステージ(車)をリアルに再現した動画 BUZZAP!(バザップ!)

凶悪すぎる見た目の非常に実戦向きな肉たたき機が販売中 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話の人気記事

  1. 検察法改正反対者を「情弱の極み」呼ばわりした有本香さん、首相をアクロバティック擁護して野党に責任転嫁するも共産党がボコボコに
  2. 新型コロナで困窮し『10万円、20万円もらったところで何になるんだ』と訴える学生を「問答無用で殴っていい」と断じる人は老害かもしれません
  3. 外大卒の編集者有本香さん、レ・ミゼラブルの劇中歌を知らず「間違いだらけの英文」と揶揄してしまう
  4. なんと1本あたり9円、コーラがとんでもない投げ売り価格で販売中
  5. 「SBIファーマはソフトバンクのグループ企業、新型コロナの簡易PCR検査無償提供はそのプロモーション」自称ジャーナリストの有本香さん、ドヤ顔で嘘をまき散らす

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング